profile


田北雅裕|TAKITA Masahiro
九州大学大学院 人間環境学研究院 教育学部門 専任講師

1975年 熊本市生まれ。2000年、学生の傍らデザイン活動triviaを開始。「オモイデアンケート」を皮切りに、「まちづくり」という切り口から様々なプロジェクトに携わる。
04年に熊本県杖立温泉街に移住。まちづくり機関「杖立ラボ」を設立し、住民の立場からまちづくりに取り組む。08年「南阿蘇えほんのくに」事務局長(〜09年2月)を兼任。09年4月より九州大学 専任講師 。

現在は、教育学部大学院 人間環境学府 教育システム専攻で教育・研究に取り組む一方で、NPO法人SOS子どもの村JAPAN コミュニケーション部ディレクター、ALBUSディレクター、NPO法人震災リゲイン理事、福岡テンジン大学顧問、川崎町観光協会顧問、福岡市里親委託等推進委員会 委員、AAF(アサヒ・アート・フェスティバル)2013-14選考委員、糸島市市政アドバイザー(2015)、新・福岡県立美術館基本構想検討委員会委員、福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」内部評価委員会委員(2014-)、公益財団法人「アクロス福岡」アドバイザー会議委員(2016-)、那珂川町広報戦略策定委員 座長などを務める。著書(共著)に「クリエイティブ・コミュニティ・デザイン / フィルムアート社」。冊子「かぞく」編集長。



▼ 連絡先

mail|takita*trivia.gr.jp ( *を@に変えてください)
twitter|localdesign
facebook|facebook.com/localdesign

▼ 住所

〒812-8581 福岡市東区箱崎 6-19-1 九州大学大学院人間環境学研究院

▼ アクセス

田北雅裕研究室(教育デザイン論研究室)
箱崎キャンパス 文系地区
人文科学府・人文科学研究院・文学部 1F【緑の1番、WC(文学部掲示板)の隣り・用務員室の前】
※ 九州大学 箱崎キャンパスまでのアクセスはこちらをご覧ください.



▼ 田北研究室への受験や進学を希望している方へ

田北雅裕研究室(教育デザイン論研究室)Q&A



▼ ポートフォリオ

パーソナルサイト(2000〜2009 ※現在は更新していません)|trivia(トリビア)
九州大学研究者情報(2009〜)|http://hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp/search/details/K003446/
九州大学 教育学部|http://education.kyushu-u.ac.jp
九州大学大学院 人間環境学府 教育システム専攻|http://www.hues.kyushu-u.ac.jp/education/department/education.html

▼ ウェブで参照できるプロジェクト

オモイデアンケート|http://memory.local-design.jp
「行政とデザイン」プロジェクト|http://govt.local-design.jp
みんなの力で児童相談所のホームページをデザインしたい!|https://motion-gallery.net/projects/localdesign/
NPO法人 SOS子どもの村JAPAN(コミュニケーション部ディレクター)|http://www.sosjapan.org
ALBUS(ディレクター)|http://albus.in
荒井良二個展「荒井良二じゃあにぃ」ワークショップ『そのつもりじゃあにぃ』(企画運営)|http://journey.local-design.jp
杖立温泉(まちづくりアドバイス / ウェブプロデュース)|http://tsuetate-onsen.com
神集島まちづくり研究室|https://www.facebook.com/KashiwajimaLab
宗像市都市ブランド.com(プロデュース)|http://munakata-brand.com
PRAY+LIFE(ウェブディレクション・デザイン協力)|http://praylife.net
ART INSTITUTE KITAKYUSHU(デザイン協力)|http://a-i-k.jp
一般社団法人 川崎町観光協会(顧問)|http://kanko-kawasaki.net
NPO法人 福岡テンジン大学(顧問)|http://tenjin-univ.net

▼ まちづくりの考え方(執筆・インタビュー等)

01| 福岡市都市景観賞2015WEBマガジン・連載「家族の風景」
02| SOS子どもの村JAPAN広報誌「かぞく」
03|greenz.jp インタビュー:福岡から「児童相談所」のイメージを一新する試みを進めたい! 九州大学の田北雅裕さんがクラウドファンディングを経て、行政にデザインを寄付するまで
04|greenz.jp インタビュー:祝・SOS子どもの村JAPANの広報誌『かぞく』創刊! 編集長の田北雅裕さんに聞く「子どもと家族の問題を解決するために、デザインができること」
05| 2013.11.17開催:ここはどこなんだろう?会議
  YouTube|後藤太一×田北雅裕「まちをつくる、ということ」
  ※ここはどこなんだろう?会議とは… Living World
06| トヨタ・子どもとアーティストの出会い ドキュメントブック 〜この12年間の出会いは何をもたらしたのか?〜 (コラム「子どもになる時間」:pp.140-144)
07| AAF Network 2013-14 Annual Report (「自立」と「依存」をめぐって:pp.6-7)
08| 日本仕事百貨 コントリビューター田北雅裕さんインタビュー「正直であること」
09| 共著「クリエイティブ・コミュニティ・デザイン(フィルムアート社/2012)」発売中.
10| 西村佳哲 著「いま、地方で生きるということ(ミシマ社/2011)」にインタビュー掲載.
11| 藤浩志・AAFネットワーク 著「地域を変えるソフトパワー(青幻舎/2012)」に対談が掲載.
12| 教育と医学の会 編「教育と医学 2013年 01月号(慶應義塾大学出版会/2012)」に寄稿.
13| 「隣る人」に見る、当たり前の暮らし <西日本新聞 土曜エッセー 2012.9.29掲載>



このブログ trivial records は、田北の日記です。
最新情報は twitterfacebook でお知らせしています。